ナンバーワンクレジットをはじめとする優良業者を選ぶことが何よりも大切です。

トラブルを避けるために

 

悪質なクレジットカード現金化に電話をする

 

グレーな要素のあるクレジットカード現金化ですが、最低限の知識を持っておくことで、トラブルに巻き込まれるリスクを軽減することができます。
いくつかのトラブルケースと回避法についてまとめましたので、ご利用の際にお役立てください。

 

換金率がホームページの記載と違う

 

初心者の方に一番多いトラブルが「換金率」についてかもしれません。クレジットカード現金化を利用した経験がある人であれば大体の相場感覚は分かっているので、さほど気にはならないかもしれませんが、初心者の方ですと理解ができなくとも仕方ありません。

 

クレジットカード現金化は、実際70%~75%、高くても80%ほどの換金率を相場に取り引きが行われています。
ですので、それより大幅に高い換金率はありえないと考えてください。

 

50%~60%などの相場以下の換金率を提示された場合は、悪徳業者と疑えます。
そういった業者は、トラブル回避のためにも避けるべきでしょう。

 

個人情報を悪用された

 

個人情報はとても大切なものです。慎重に取り扱いましょう。
悪徳業者に個人情報をとられてしまうと、どのように悪用されてしまうかわかりません。
また「審査」を名目に個人情報を聞き出してくるケースもあるようです。悪徳会社には容易に個人情報を提示しないように心がけましょう。
ナンバーワンクレジットなどの安全性と信頼度が確立されている優良店を利用するのであれば、心配はありません。

 

現金振込を分割にされた

 

クレジットカード現金化は、基本的に当日、利用時間などの影響で遅くなったとしても翌営業日までには一括振込されます。
ナンバーワンクレジットでは、電話を切ってからわずか20分ほどで一括振込されました。
もしも分割を提示してくる業者であったら、利用するのは避けるべきでしょう。

 

カードの利用停止

 

各クレジットカード会社の利用規約には、現金化で使用する内容が記されてます。したがって、もしもカード会社に発覚すれば、利用停止となってしまう可能性があります。
現金化が利用目的であることを判別することは実質不可能であると言われていますが、こういったリスクもあることを意識しておきましょう。

 

現金が振り込まれない

 

決済したのに現金が振り込まないということは、さすがに僕の周りでは聞いたことがありませんが、もしかすると初心者の方が一番不安にしていることかもしれません。
完全に悪質な詐欺行為ですので、警察に被害届が出されれば業者は運営ができなくなってしまいます。悪徳業者と言えどもそのようなリスクは犯さないと考えられますが、「振り込まれた金額が提示額より低かった」といったトラブルは聞きますので、万が一のためにも、申し込みはホームページ上の申し込みフォームから行い、申込み内容の記録をとっておくことをお薦めします。
ナンバーワンクレジットでも、24時間対応のWEB申し込みフォームがあります。スムーズなやり取りもできますのでお薦めです。

 

 

以上簡単にまとめましたが、これらの知識を理解するとともに、優良業者を選ぶことが何より重要です。

TOPへ