ナンバーワンクレジットの換金率が非常に高いことがわかります。

換金率とは?

 

3枚のクレジットカード

 

クレジットカード現金化のホームページを見るとよく見かけるのが『換金率』という言葉。
この『換金率』について説明しましょう。

 

換金率とは、どれくらいの金額をショッピング枠で使って、どれくらいのお金に換えることができるかという率のことです。

 

換金率の計算式としては、
手元に入るお金の金額÷ショッピング枠の金額=換金率
となります。
つまり、ショッピング枠20万円の現金化で18万円振り込まれた場合は換金率90%ということになります。

 

ナンバーワンクレジットの換金率はどうなの?

 

条件にもよりますが、クレジットカード現金化の換金率の相場は70%~75%ほど。高くても80%ほどと言われています。
「換金率99%」と謳っている業者でも、実質換金率はこの相場となります。

 

そんな中、今回実際に使ってみたナンバーワンクレジットの実質換金率は、なんと86%でした。
相場を見ていただければわかるように、非常に高い換金率です。

 

書かれている換金率と実質換金率の差

 

現金化では換金率によって手元に入ってくる金額が大きく変わってきますので、換金率が一番重視されることは当然のことです。
ですので、どの業者も、

 

レ点 最大換金率○○%
レ点 換金率一律○○%

 

などと、高い換金率をウリにして集客をおこなっています。
少しでも高い換金率で現金化をしてくれる優良店を利用したいものですが、サイト内に書かれている換金率だけを鵜呑みにして業者を選ぶのは実はとても危険なことなのです。

 

実際には表記されていた換金率から、様々な理由で換金率を引き下げられてしまうのです。
利用金額や手数料、使用するカードの信頼度などを理由に、引き下げられます。

 

『最大換金率99%』と表記されていたとしても、実際にこの換金率で取引が行われることは、ほぼありません。
あくまでも最大値であり、数百万円という大金を取引する場合に適応できる換金率なのです。
しかし、クレジットカード現金化で数百万円の取引をすることは現実的ではありません。

 

ナンバーワンクレジットは、高い換金率だけでなく、換金率アップのキャンペーンも行われているので、更にお得に利用することができます。

 

書かれている換金率と実質換金率の差

 

クレジットカード現金化の換金率は不確定なものですので、業者のサイトを見ただけでは判断ができません。
実際に利用して見なければ分からない部分、または信頼できるサイトの情報に頼らざるを得ない部分が多くあります。

 

今回筆者が利用したナンバーワンクレジットのような明瞭な換金率で現金化してくれる業者を見つけるには、こちらのようなサイトを参考にするのもよいでしょう。

TOPへ