違法ではありませんが、法的にはグレーゾーンであることを理解して利用してください。

クレジットカード現金化は違法か合法か

マルバツを掲げる男性

 

クレジットカード現金化って使っても法的に大丈夫なの?

 

多くの人が気になっていることだと思います。
結論から言えば、「違法ではありません。しかし、その理由は現段階で法整備がないからであって、黒に近いグレーゾーンであることは否めません。」

 

もちろん、クレジットカードの利用規約には完全に違反する行為になりますが、違法とは判断されていません。

 

そもそも、クレジットカード現金化が違法ではないと言える理由が、『商品の売買』という体裁をとっているからです。これが、賃金業法に基づいた登録をせずに無許可でお金を貸していれば違法となります。

 

しかし、違法行為とみなされてカード現金化業者が逮捕された事例はあります。
2011年8月、クレジットカード現金化業者が初めて逮捕されました。警視庁の発表によれば、この現金化業者は、現金化業者であるというのはあくまでも名目上のことで、事実上の金融業者であるとして、貸金業法と出資法違反で摘発されました。

 

※出資法
出資法とは貸付をした場合の金利を制限する法律で、法定金利も出資法によって定められており、年利約20%までの取引と定められています。この法定金利を超えた出資を行っていれば出資法違反となり、処罰の対象となります。

 

クレジットカード現金化は貸金業ではありません。したがって、本来ならば出資法は適応されません。これは業務実態が『商品の売買』を逸脱し、出資を行っていると判断されたからです。
正式な方法でクレジットカード現金化をしていれば、出資法が該当することもありません。

 

現金化で利用者が処罰されることは皆無

 

利用者が逮捕されるということは、現状考えられません。クレジットカード現金化で利用者がおこなう行動は、

 

クレジットカードで商品購入した。
購入した商品を売った。

 

の2点だけなのです。
このように利用者が罰せられることは皆無ですので、消極的になる必要はありません。現に多くの人が現金化を日常的に行っています。

しかし、トラブルに巻き込まれたりしないためにも、信頼できる会社へ申し込みを行うことを薦めます。

 

ナンバーワンクレジットは優良店として知られていますし、クレジットカード現金化業者としての業務実態もはっきりしています。

 

もちろんクレジットカード現金化というサービス自体がグレーゾーンではありますが、ナンバーワンクレジットはトラブルの話も聞きませんし、実際に利用してみて違法性なども感じられませんでした。

TOPへ