ナンバーワンクレジットはスムーズかつ丁寧な対応で初心者にも安心です。

申し込みから入金までの流れ

クレジットカード現金化のためにパソコンで申し込む2人

 

今すぐにお金がほしい時にはたいへん便利なクレジットカード現金化。
しかし、グレーなイメージもあるサービスであるだけに、緊張や不安を抱えている初心者の方も少なくないと思います。
不安を解消するためにはクレジットカード現金化の一連の取引の流れを知っておくことが効果的です!

 

クレジットカードのショッピング枠を確認

 

クレジットカード現金化を行う上で、『自分名義のクレジットカードを持っている』という事が大前提になります。
まず、ご自身のクレジットカードのショッピング枠の内容を確認しておきましょう。
お手元の明細書などでもチェックすることができます。

 

クレジットカード現金化は、たとえのキャッシング枠がいっぱいでお金が借りれない場合でも、ショッピング枠を利用して現金化する方法ですので、ショッピング枠も限度額いっぱいでしたら、現金化は出来ません。

 

 

ご自身のクレジットカードのショッピング枠は把握しておきましょう。

 

現金化業者を選ぶ

 

ショッピング枠に空きがあれば、キャッシング枠がいっぱいであろうと、クレジットカード現金化を利用することができます。
早速利用する現金化業者を選びましょう。
使用できるクレジットカードの種類は業者によっても異なりますが、ナンバーワンクレジットではVISAMasterなど有名なカードであればほとんど利用可能ですので、たいへん使いやすいです。

 

筆者がクレジットカード現金化業者選びで重視する点は、

  • 『実質換金率』

 

次いで、

  • 『振込スピード』
  • 『信頼度』

 

です。
しかし、初心者の方が何の知識もなしに、ナンバーワンクレジットのような優良店を選ぶことはかなり難しいことです。ほぼ運に頼る様なものと言っても過言でありません。
残念なことに、実際に悪徳な詐欺業者は存在します。

 

運悪く悪徳業者を利用してしまいますと、現金化どころではなく、不快な思いをしたり、最悪大きな損害を受けてしまうことに成りかねません。

 

ナンバーワンクレジットをはじめとする優良と言われている業者を利用するか、こちらの様なサイト→LINKを参考にして、優良店をご利用ください。

 

 

申し込みにはWEB申し込みフォームを利用しましょう

 

利用する業者が決まったら、いよいよ申込みです。
申込みは、断然ホームページ上の申し込みフォームから行うことがお薦めです!
申込み内容の情報も記録となりますので、万が一のトラブルの際にも役立ちます。
また、電話や店頭だと緊張してしまったり、自分の希望を明確に伝えられなかったりもしがちですが、事前のWEB申し込みフォームであればそんな不安もありません。
ナンバーワンクレジットでは24時間対応のWEB申し込みフォームが用意されていますので、スムーズなやりとりができます。
ぜひ利用しましょう。

 

 

電話で契約内容を確認

 

申込みをしましたらすぐに担当者から電話が掛かってきます。
換金率や入金までの流れなどの契約内容を確認しましょう。

 

また、不明な点や希望点があれば、お気軽に質問してみてください。丁寧に答えてくれるはずです。
利用条件によっては、本人確認のために運転免許証などの顔写真のついた身分証の送付が必要となります。
業者によって異なりますが、現金化を利用するときは事前に身分証を用意しておくとよいでしょう。

 

クレジットカード決済をする

 

申込み・本人確認が済みましたらクレジットカード決済を行います。
業者の用意している買い物リストからお買い物をします。
購入するように言われた商品を買いますが、これもオンライン上でスムーズにできます。
商品を購入(クレジットカード決済)すると、業者からの入金があります。

 

業者より入金されます

 

決済が終わると、30分ほどで利用者の口座へ入金されます。
ナンバーワンクレジットを例にあげますと、初回利用にも関わらず電話を切ってからわずか20分足らずで、しっかりと入金されました。

 

いち早く現金が必要であれば、ナンバーワンクレジットがおすすめです。

 

スピードだけでなく、電話での対応もたいへん丁寧でした。こう言ったきめ細かなサービスも、ナンバーワンクレジットが多くの方に支持されている理由のひとつなのでしょう。

ナンバーワンクレジットは初心者の方も安心な優良店です。

 

 

クレジットカード現金化はこのような流れで現金化されます。
どこの業者を使ったとしてもこのような流れになります。
クレジットカード現金化を安心して利用するためにも、事前にこの手順・流れを覚えておくとよいでしょう。

 

現金化の上手な使い方
TOPへ