クレジットカード現金化業者は悪徳会社被害を防ぐためにも、慎重に選びましょう。

現金化のデメリット

DEMERITの文字

 

使いやすく便利なクレジットカード現金化ですが、メリットだけではありません。デメリットについてもしっかりと認識して利用しましょう。
現金化における最大のデメリットは、違法ではないもののグレーゾーンにあるということ。
今現在違法ではありませんし、これまで消費者が逮捕された実例はいくら探しても見つからないでしょう。

クレジットカード現金化は違法?

 

しかし今後も違法ではないという保証はありません。
利用のしやすい現金化メリットだけでなく、デメリットについても忘れないようにしましょう。

 

クセになってしまわないように

 

クレジットカード現金化は、今現在違法ではありませんが、今後法改正により違法になってしまう可能性がゼロではないということも考えておきましょう。

 

例え違法になってしまったとしても、改正以前の行為は罪に問われない原則がありますので特に問題ありませんが、クレジットカードの現金化が便利だからと言って、これに頼りきった毎日を送ってしまうと、いざ改正されて利用が出来なくなってしまった時に、利用するクセを抜くのが難しくなってしまうおそれが考えられます。

 

筆者自身も、頼り切って利用していた時期がありました。僕の場合、依存的にクセを抜けないなんてことは全くありませんでしたが、今でも「困った時は頼ればいいや」と言う意識があることは事実です。
法改正の可能性の有無を抜きにしても、過度な使い方をしないように心がけましょう。

 

クレジットカードの規約違反

 

各クレジットカード会社の利用規約には、現金化を禁止している旨が明記されています。違法でなくても、クレジットカードの利用権を失い使えなくなってしまう可能性があります。
実際には、クレジットカード会社が利用者全員の購入履歴を常に把握するのは実質不可能ですし、現金化を目的に購入したという事実を判別することは困難でしょう。

しかし、クレジットカードの規約違反であることは覚えておきましょう。

もし不安のようでしたら、実績ある優良業者を利用した方が安全でしょう。

 

悪徳会社とのやりとり

 

クレジットカード現金化を取り扱う業者は、ナンバーワンクレジットをはじめとする優良業者だけではありません。悪質な業者も存在します。
こうした悪質業者とやりとりをしてしまうと、トラブルに巻き込まれるリスクが生じます。
商品を購入したのに現金が振り込まれなかったり、知らされていた金額よりもはるかに少ないお金しかもらえなかったりと言ったトラブルが考えられます。

 

また、こうしたトラブルに巻き込まれてしまっても、基本的に自己責任となります。
悪徳会社とのやりとりを防ぐためにも、現金化業者は慎重に選びましょう。

TOPへ